トップページ>よくある質問

よくある質問

Q1
冷間圧造とは何ですか?
A1

素材を加熱せずに、ヘッダー・フォーマーにより、常温において金属を圧力だけで成形することを冷間圧造といいます。熱間圧造に比して、熱による歪みも少なく、加工精度が高いのが特徴です。

Q2
ヘッダー・フォーマーとは何ですか?
A2

ヘッダーとは「頭を打つ」という意味です。一般的にヘッダーは成形工程が2工程まで、フォーマーは3工程以上のものです。

Q3
冷間圧造加工のメリットは何ですか?
A3

材料ロスがほとんど有りません。
量産する場合、切削加工に比べ安価で製造できます。(金型代は別途必要です)
金型内で成形しますので、安定した寸法の製品を大量生産できます。
金型内で塑性加工を行うため、ファイバーフロー(繊維状組織)が切断されていないため、切削品より強度があります。

Q4
最小ロット数は?
A4

材質・製品単重にもよりますが、ヘッダー・フォーマー加工のコストメリットを出すには万単位が希望ですが、現在、数千本単位でも加工させて頂いております。

Q5
材料の線径は?
A5

φ3からφ34まで取扱いしております。

Q6
最大製品寸法は?
A6

設備の仕様にもよりますが、最大頭部径でしたらφ55まで、最大首下長さでしたら500Lまで可能です。詳しくは設備一覧をご参照ください。

Q7
完成品までの対応は可能ですか?
A7

冷間圧造だけでなく、二次加工(ねじ切り、タップ、穴明け、切削など)や、表面処理(めっき・熱処理)も行います。さらには簡易アッセンブルもご相談の上、対応させて頂きます。

Q8
図面がなく、サンプルしかない場合は?
A8

現物をもとに、図面化いたします。材質が分からない場合は、御相談の上で提案させて頂きます。