CSR・SDGs 鹿児島金属の取組み

鹿児島金属ではSDGs(持続可能な開発目標)の趣旨に賛同し、以下の取り組みを行っています。

自社工場に太陽光パネルを設置

自社工場の屋根に設置した太陽光パネルによる電力供給を行っています。法体系の関係上現在は売電のみのモデルですが、FIT(固定価格買取制度)の期間満了後は自社で消費する電力の一部として充当します。
こうした環境への取り組みにおいて、平成16年と平成17年には各拠点においてISO14001の認証を取得いたしました。

地域の清掃、クールビズの導入

地域社会の一員であり地球の一員として小さいことから貢献したいという思いから、社員による地域の清掃や、勤務時の服装にクールビズを導入し、空調出力の抑制による電力消費削減を実現しています。

社員の声を積極的に取り入れた職場環境づくり

企業にとって人は大切な財産であり、社員がより快適な環境で働ける環境づくりは会社としての大きなテーマです。50周年を迎えたことを節目に環境改善に積極的に取り組み、現場の声を一つ一つ着実に形にしてきました。かがむ姿勢になりがちな梱包設備が負担になっている声に応えて設備を更新するなど、ひとつずつは小さなことですが、現場の声に耳を傾けることを大切に、これからも働きやすい職場づくりを推進します。

排水の環境基準を順守

メッキ処理の工場排水には厳しい環境基準が定められています。鹿児島金属では法令順守および地球環境保護の観点から排水処理設備の充実を図り、厳しい環境基準をクリアしています。

ページトップへ
Translate »